ロゴ フェルミナータ

ロゴ フェルミナータ

アロマテラピーの癒し

カラダとココロのセルフケア

「アロマテラピー」はただ香りを楽しむというレベルにとどまらず、正確には芳香植物(ハーブ)から抽出された100%天然の精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身の不調をケアする方法のことを言います。日常生活で簡単に実践できるアロマテラピー・セルフケアは、主に芳香浴・マッサージ・アロマバスなどがあります。

自分でできるアロマテラピー・テクニック

芳香浴

●芳香拡散器(ディフューザー)を使う

精油の芳香物質を拡散させるための専用の器具を「ディフューザー」(芳香拡散器)といいます。安全に効率よく芳香物質を拡散できます。

●マグカップやボウルを使う

マグカップやボウルに熱めのお湯(60度~80度)を入れ、精油を2、3滴落とすと、お湯の熱によって精油の成分が揮発し、芳香が広がります。専用の器具がなくても手軽にできますが、効果が短時間です。

●ハンカチなどに直接つけて

ハンカチやティッシュなどに精油を直接落として香らせる方法は、場所を問わずに使える便利なテクニックです。ただし、精油を付けた部分に直接肌がふれないように注意が必要です。

マッサージ・塗布

●塗布

精油を直接、肌から吸収させて体内に取り組むテクニックとして、塗布(植物オイルで希釈した精油を患部に塗る)という方法もあり、自分でマッサージしにくい場所のセルフケアなどにも便利です。

アロマバス

【アロマバスの基本ルール】

●エッセンシャルオイルの1回量は2~6滴くらいが目安です。

1~3種類のエッセンシャルオイルを選んで使用します(ブレンドする場合は合計で6滴以下)。あまりたくさん入れるとむせたりする場合があるので、最初は量を少なめに使ったほうが安心です。また小さなお子さんがいっしょに入浴する場合もエッセンシャルオイルの量は控えめにしましょう。 エッセンシャルオイルの成分は時間の経過とともにどんどん揮発していきますので、家庭で使うバスの場合は、一人入浴するごとに1滴程度プラスするのがコツです。

●エッセンシャルオイルを入れたらお湯をよくかきまぜます。

エッセンシャルオイルはお湯にとけないので、よくかきまぜてお湯全体に拡散させてから入浴します。お湯の温度は38度から40度くらいのぬるめで、ゆっくりとつかるのが理想的です。

※注意点

柑橘系のエッセンシャルオイル(オレンジスイート、ベルガモット、レモン) クローブなどのフェノール類、アルデヒド類を含むエッセンシャルオイルを使う場合は皮膚への刺激が強いので注意してください。ピリピリ感を感じたらすぐに使用を中止して石鹸などを使い十分に洗い流してください。

フェルミナータのアロマテラピー・セルフケア

認知症予防・改善のためのアロマ

アロマテラピーを安全にお楽しみいただくために、天然の精油を使ったアロマオイルをオススメしています。 

↑TOP